(公財)日本鳥類保護連盟 京都

~加茂川から~

 まだ7月だというのにこの暑さ、でも、台風一過、少しは暑さから
逃れられるのでは、と一路鴨川へ向かう。
 かって、ヌートリアを ”見ましたよ~” と、声をかけていただいた
場所を訪れる。
 北大路橋から上流に向かう、
そういえばMK界隈からよく連絡がある。
 
 昭和16年に完成したという柊野砂防ダムは不思議なところ、
ダムの左岸側は汚れた泥水が流れ、右岸側にはきれいな水が流
れている。
 そして、堰堤辺りは一面が水浸し、
普段でもこの辺りには湧水が見られ湿地の状態が保たれ、
木々が生き生きとしているように見える。
特にベンチの傍にあるカツラの木が大好き!
ハート形の葉っぱがとっても可愛い、
 
 カワウ、ダイサギ、コサギたちがダムから落ちてくる魚を待っている
姿があった。
”仲良きことは美しいことなり”・・と誰かが言ったっけ。
 
陽は照っていないけどカワウが翼を干している。
 
帰ろうとしてベンチから立ち上がった時、東の空に虹がかかりはじめて・・
 
                        (K・N)