(公財)日本鳥類保護連盟 京都

7月19日鴨川ヌートリア巡回事業

7/19(土)猛暑の中、鴨川ヌートリア巡回事業を実施した。
ヌートリアの観察例が一番多い、出町橋界隈を巡回する。

左岸側の護岸がひどくえぐられている。外から流れを見ていても何
ら変化は無いように見受けるがこれだけ陥没しているのだから相当
な水の力がかかったのだろう。豪雨の痕跡がはっきりと残されていた。

どこが違う?
どこかが違う・・

ヒドリガモが、渡りをしないで1羽だけ残っているが、何か様子が変。

オオバンも1羽で、こちらはのんびりとしている感じ。

あれっ、砂地に何かの足跡が残っている。

なんだろう、
水かきがなく、
鳥だろうか‥
小動物かな?

ヌートリア観察せず、野鳥等への餌やり行動も見受けず・・

 


(K・N)