(公財)日本鳥類保護連盟 京都

土曜講座 ガンカモ・ハクチョウ北帰行

桜が満開、お天気もいい・・
世間がなんとなく騒がしくなってきた31日の土曜日、
トキちゃんhouseにおいて土曜講座が開かれました。
テーマは「ガン・カモ・ハクチョウの北帰行」
話題提供は梶田学さん。

午後になると参加者がぞろぞろと事務所に集まって・・
なんと姫路よりもっと南から来てくれたという高校生が・・
夕べ、仕事先から夜中に帰宅したというスピーカーの到着が
待たれる間、PC担当スタッフは、最近撮られた写真の数々を
スクリーンに紹介、私たちを楽しませてくれる。
今回は新潟県で撮影されたハヤブサの映像。
餌に小鳥を与えている親子の姿が鮮明に映し出されている
見事な写真。

さて、ガン、カモ、ハクチョウの北帰行・・
準備していただいた資料によるとバンデイング調査の結果
が明らかに渡りのルートを示している。
”冬鳥はカムチャツカへ帰ります~” なんていい加減なことを
話していた自分が恥ずかしい・・。
特にカモ類の渡りのコースは日本から放射線状に示されている。
あ~驚いた!

大いに勉強をさせていただいたとともに、今後、足環装着の
野鳥を見つけたら可能な限り鳥研に連絡しよう!、と心に誓う。